Bank of America、密かにRipple technologyをテスト

 Bank of Americaとは、アメリカで2番目の規模を誇る銀行である。そのBank of AmericaがRipple社の分散型台帳技術をテストしたとCoinDeskが報じた。

※(Ripple社によって開発が行われている分散型台帳技術を利用した即時グロス決済システム、 外国為替・送金ネットワーク技術)

 Ripple社は国際通貨基金(以下:IMF)が開催したプレゼンテーション内で、Bank of Americaが顧客であることを認めている。「Bank of Americaは、2016年からRipple社のGlobal Payment Steering Groupに参加しており、我々はそのグループでパイロット・プロジェクトを実施した」とRipple社の広報担当者はCoinDeskに述べた。広報担当者は、これまで報じられたことのないパイロット・プロジェクトについて、それ以上の詳細を明かさなかったという。

 Bank of AmericaはRipple社のRipple Netの規則・規格について助言を行うグループのメンバーであることは、既に知られている。パイロット・プロジェクトについての広報担当者の発言から、Bank of AmericaとRipple社は、友好的なアドバイスを行う以上の関係性であると考えられる。

 以前、Bank of Americaはブロックチェーン現金処理システムの特許申請を提出している。 それとは別に、Bank of Americaは、Ripple社の分散型台帳技術に基づいて、決済システムの特許を取得することを目指しているのかもしれない。

さらにBank of Americaは、アメリカのR3社の貿易金融の電子化プロジェクト「マルコポーロ」(Marco Polo)に貿易金融の効率を改善するために使用できるブロックチェーンソリューションに取り組んでいる。

今後のBank of AmericaとRipple社の動向について注目していきたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です